読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログタイトル募集中の新人SE記

ネットの片隅で非力を嘆く

SSHの公開鍵を作成してGitHubに登録してみる

はじめに

今回の目的

  • GitへのSSH接続を簡単に
    • PUSHするときにいちいちパスワード入力しなくて済む

実行環境

  • CentOS7

事前準備

  • Gitアカウント

SSH認証の公開鍵と秘密鍵を作成

すでに作成されていないか確認

  • SSH鍵が作成されるディレクトリ(~/.ssh)に移動
$ cd ~/.ssh
$ ls
  • 下記のファイルが存在していた場合はすでに作成済み
id_rsa      id_rsa.pub

ちなみに「.pub」のファイルが公開鍵

秘密鍵と公開鍵を作成する

  • 下記コマンドを実行
// "your_email@example.com"はご自身のメールアドレスに変更
$ ssh-keygen -t rsa -C "your_email@example.com"
  • 以下の3つの入力が求められるがすべてEnterでおk
// 鍵ファイルを保存する場所
Enter file in which to save the key (/home/vagrant/.ssh/id_rsa):
// パスフレーズ
Enter passphrase (empty for no passphrase):
// パスフレーズ(確認)
Enter same passphrase again:

作成できているか確認

  • 下記コマンドを実行
$ ls ~/.ssh
  • 以下のファイルが作成されていれば成功
id_rsa      id_rsa.pub

ちなみに「.pub」のファイルが公開鍵

公開鍵をGitに登録する

公開鍵の内容をコピー

$ clip < ~/.ssh/id_rsa.pub
$ pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub
  • 何かしらのエディタで開いてコピー(例:vim)
$ vim id_rsa.pub

いざ登録

f:id:SH000N:20151219011252p:plain

  • Gitにアクセスし、画面右上の「上記画像①」をクリック
  • 開かれたメニューウインドウで「上記画像②」をクリック

f:id:SH000N:20151219011301p:plain

  • 「上記画像①」のSSH Keysをクリック
  • 「上記画像②」のAdd SSH keyをクリック
  • 「上記画像③」に自分でわかるようにタイトルを入力
  • 「上記画像④」に先ほどコピーした公開鍵を貼り付け
  • 「上記画像」に映ってないですが下にあるAdd keyをクリックして登録

試しに接続してみる

  • 下記コマンドを実行
$ ssh -T git@github.com
  • 以下の表示がされたら一旦深呼吸、からの yes
The authenticity of host 'github.com (207.97.227.239)' can't be established.
RSA key fingerprint is 16:27:ac:a5:76:28:2d:36:63:1b:56:4d:eb:df:a6:48.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?
  • 接続に成功すると以下の表示になります
Hi <username>! You've successfully authenticated, but GitHub does not
provide shell access.

さいごに

  • これでpushやらpullやらが楽ちんに!!
  • なにか訂正やもっと簡単な方法あればご指導願いますorz

では(・ω・)ノ