ブログタイトル募集中の新人SE記

ネットの片隅で非力を嘆く

Rapberry Pi3 に RASPBIAN JESSIE Lite をインストール

f:id:SH000N:20170312192608p:plain

今回やりたいこと

  • Raspberry Pi3 に RASPBIAN JESSIE Lite で Webサーバをたてたい

背景

  • 以前CentOSで作った。が・・・
    • yumが動かなくなって拉致あかないので作り直し〜

アジェンダ

  1. RASPBIAN JESSIE Lite インストール
  2. 初期設定

手順

RASPBIAN JESSIE Lite インストール

イメージファイル取得

  • 公式から配布されてます→こちら
    • Download Zip

※ChoromeからだとZipファイルが壊れて解凍できなかった・・・

safariからDLしたら無事解決(僕の場合だけかもですが)

イメージファイルを解凍

  • Finder
  • ダウンロード
  • 取得したzipファイルをダブルクリック

アーカイブユーティリティで解凍しました

SDにイメージファイルを移動

  • 下記記事のイメージファイルを今回のものに置き換えればおk

shon-blo.hatenablog.com

起動準備

機器接続

  1. USBキーボード接続
  2. HDMIケーブルとディスプレイ接続
  3. microSDRaspberry Piに差し込む
  4. USBアダプタ接続

※USBアダプタを接続したらスグ電源が入ります

ログイン

電源が入ると

  • デイスプレイにラズパイのアイコン出現
  • その下に英字がバーー
  • しばらく待つとログインを求められるので
ユーザ名 パスワード
pi raspberry

でログイン

[pi@raspberry ~]$

と表示されてればログイン成功

初期設定その1

  • sudo raspi-configコマンドで設定開始

キーボード設定

(画質悪い・・・)

  • [Localisation Options] を選択 f:id:SH000N:20170312220517p:plain
  • [Change Keyboard Language] を選択 f:id:SH000N:20170312213421j:plain
  • [Generic 105-key (Intl)PC] を選択 f:id:SH000N:20170312213516j:plain
  • [Other] を選択
    • [Japanese] を選択
  • [Japanese]か[Japanese(OADG 109A)] を選択 f:id:SH000N:20170312213644j:plain
  • [The default for the keyboard layout] を選択 f:id:SH000N:20170312213922j:plain
  • [No compose key] を選択 f:id:SH000N:20170312214602j:plain

文字コード設定

  • [Localisation Options] を選択 f:id:SH000N:20170312220517p:plain
  • [Change Language] を選択 f:id:SH000N:20170312215209p:plain
  • [ja_JP.EUC-JP EUC-JP]と[jp_JP.UTF-8 UTF-8]を選択 f:id:SH000N:20170312215340p:plain
  • [ja_JP.UTF-8]を選択 f:id:SH000N:20170312215626p:plain

タイムゾーン設定

  • [Localisation Options] を選択 f:id:SH000N:20170312220517p:plain
  • [Change Timezone]を選択 f:id:SH000N:20170312220153p:plain
  • [Asia]を選択 f:id:SH000N:20170312220100p:plain
  • [Tokyo]を選択 f:id:SH000N:20170312220304p:plain

ディスク拡張

  • [Advanced Options]を選択 f:id:SH000N:20170312220750p:plain
  • [Expand Filesystem]を選択 f:id:SH000N:20170312220919p:plain

SSH設定

  • [Interfacing Options]を設定 f:id:SH000N:20170312221246p:plain
  • [P2 SSH]を選択 f:id:SH000N:20170312221352p:plain
  • [Yes]を選択 f:id:SH000N:20170312221500p:plain

wi-fi country 設定

  • [Localisation Options] を選択 f:id:SH000N:20170312220517p:plain
  • [Change Wi-fi Country]を選択 f:id:SH000N:20170312221708p:plain
  • [Japan]を選択 f:id:SH000N:20170312221800p:plain

その他(任意)

  • パスワード設定
    • [Change User Password]を選択 f:id:SH000N:20170312222001p:plain
    • あとはよしなに
  • ホスト名変更
    • [Hostname]を選択 f:id:SH000N:20170312222107p:plain
    • あとはよしなに

初期設定その1終了

  • [Finish]を選択 f:id:SH000N:20170312222817p:plain
  • 再起動するか聞かれるので [yes] を選択 f:id:SH000N:20170312222912p:plain

初期設定その2

wi-fi 設定

  • アクセスポイントを確認
    • sudo iwlist wlan0 scan | grep ESSID
  • 以下コマンドのは自身が設定するアクセスポイントのを
    • sudo sh -c 'wpa_passphrase <SSID> <Password> >> /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf'
  • 設定ファイルを開く
    • sudo vi /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf
  • 下記のようにファイルに追記
    • proto key_mgmt pairwise auth_alg を足せば良いはず
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
country=JP

network={
        ssid="aterm-155704-g"
        psk="2967ABCDEF"
        proto=RSN
        key_mgmt=WPA-PSK
        pairwise=CCMP
        auth_alg=OPEN
}
  • 再起動
    • sudo reboot
  • 再度ログインしたら pingコマンド等で接続確認
    • 例) ping yahoo.co.jp
  • 無事アクセスされていればおk(pingcontrol + C で停止)

ホスト名でアクセスできるように設定

  • avahiをインストール
    • sudo apt-get install avahi-daemon
  • /etc/hostnameを編集
    • 使いたいホスト名に変更(デフォルトはraspberry(なはず))
  • /etc/hostsを編集
    • /etc/hostnameでつけた名前に合わせる
  • 再起動
    • sudo reboot

sshで接続

  • ssh pi@raspberryでアクセスできるはず

最後に

  • たぶんこれで全部だけど、一気にやって後から書いたから抜けてるものあるかも

【Mac】Raspberry Pi 3 に CentOS7 を入れてみた ④ 〜ssh接続〜

Raspberry Pi 3 Model B (Element14)

今回やりたいこと

macからsshで接続

背景

ずっとラズパイにディスプレイとキーボードつけて操作するのもねー

んじゃsshで接続するっしょ

手順

ssh接続

現在の接続状態を確認

# nmcli d
DEVICE  TYPE      STATE        CONNECTION     
wlan0   wifi      connected    ********** 
eth0    ethernet  unavailable  --             
lo      loopback  unmanaged    --

connectedになっているデバイスで次のコマンドを実行

ipを確認

# nmcli d show wlan0
==中略==
IP4.ADDRESS[1] : 192.168.1.6/24
==以下略==

IP4.ADDRESS[1]の値をメモっておく

macからssh接続

macでターミナルを開く

先ほどメモしたIPで下記コマンドを叩く

$ ssh root@192.16.1.6

パスワードを求められるので入力

root@192.168.1.6's password: 

表記がこうなれば成功↓

[root@centos-rpi3 ~]# 

最後に

CentOSをシャットダウン

# shutdown -h now

ラズパイ本体の緑のピカピカ〜が消えたらシャットダウン完了?

一度全ての機器を本体から取り外し

再度USBアダプタだけつないで起動

sshで接続できたら完璧!

ラズパイをすっきり綺麗な状態で置いておけます←

完了

これで次回からmacのみで作業できます

前の記事

shon-blo.hatenablog.com

【Mac】Raspberry Pi 3 に CentOS7 を入れてみた ③ 〜CentOS起動〜

f:id:SH000N:20161026015640j:plain

今回やること

背景

僕が馬鹿すぎて「よっしゃ遊べるドン!」と思ったら・・・

  • 変なシグナルビンビンwなんぞwww
    • コマンド打つ隙がないorz
    • マウス抜いたら直った
  • とりあえずREADME開く
    • :q!が打てぬ
    • 閉じれぬ
  • パーティション拡張muzui(; ;)
  • なぬ?もしやwifi拾えない???

...etc

とにかくいろいろ困ったので

起動から初期設定まで一気にやります

手順

Raspberry Pi起動

起動準備

機器接続

  1. USBキーボード接続
  2. LANケーブル接続
  3. HDMIケーブルとディスプレイ接続
  4. microSDをRaspberry Piに差し込む
  5. USBアダプタ接続

※USBアダプタを接続したらスグ電源が入ります

※必要のないもの(主にマウス)刺しとくと後でビビりますよ(笑)

ログイン

電源が入ると

  • デイスプレイにラズパイのアイコン出現
  • その下に英字がバーー
  • しばらく待つと下記が表示される
CentOS Linux 7 (Core)
centos-rpi3 login: 

上記が表示されたら

ユーザ名 root
パスワード centos

でログインできます

[root@centos-rpi3 ~]#

と表示されてればログイン成功

キーボード設定

09キー日本語レイアウトのキーボードの設定

# localectl set-keymap jp106
# localectl set-keymap jp-OADG109A

System Localeも変更

(コンソールに日本語表記が欲しい方のみ)

# localectl set-locale LANG=ja_JP.utf8

確認

# localectl

System Locale: LANG=ja_JP.utf8
       VC Keymap: jp-OADG109A
      X11 Layout: jp
       X11 Model: jp106
     X11 Options: terminate:ctrl_alt_bksp

上記のようになっていればおk

パーティション拡張

Rootパーティションのサイズ拡張

現状を確認

# df -h

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root       2.0G  682M  1.2G  38% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M     0  463M   0% /dev/shm
tmpfs           463M  6.2M  457M   2% /run
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1  300M   66M  235M  22% /boot
tmpfs            93M     0   93M   0% /run/user/0

2Gしかない( ;´Д`)

ので、拡張していく

1.partedコマンドを叩く

# parted /dev/mmcblk0

GNU Parted 3.1
Using /dev/mmcblk0
Welcome to GNU Parted! Type 'help' to view a list of commands.
(parted) 

2.pと打つ

(parted) p

Model: SD SA64G (sd/mmc)
Disk /dev/mmcblk0: 61.9GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags: 

Number  Start   End     Size    Type     File system     Flags
 1      1049kB  316MB   315MB   primary  fat16           lba
 2      316MB   852MB   537MB   primary  linux-swap(v1)
 3      852MB   3000MB  2147MB  primary  ext4

(parted)

3.rm 3と打つ

(parted) rm 3 

Error: Partition(s) 3 on /dev/mmcblk0 have been written, but we have been unable to inform the kernel of the change,
probably because it/they are in use.  As a result, the old partition(s) will remain in use.  You should reboot now
before making further changes.

Ignore/Cancel?

4.iと打つ

Ignore/Cancel? i

(parted)

5.pと打つ

(parted) p                                                                

Model: SD SA64G (sd/mmc)
Disk /dev/mmcblk0: 61.9GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags: 

Number  Start   End    Size   Type     File system     Flags
 1      1049kB  316MB  315MB  primary  fat16           lba
 2      316MB   852MB  537MB  primary  linux-swap(v1)

(parted)

6.mkpart primary 852M 32Gと打つ

61.9Gと記載されているサイトしか見つからなかったが、今回僕が使ったmicroSDが32Gだからか、ずっとエラー返ってきてて、32Gにしたら通りました

(parted) mkpart primary 852M 32G

Error: Partition(s) 3 on /dev/mmcblk0 have been written, but we have been unable to inform the kernel of the change,
probably because it/they are in use.  As a result, the old partition(s) will remain in use.  You should reboot now
before making further changes.

Ignore/Cancel?

7.iと打つ

Ignore/Cancel? i                                                          

(parted)

8.pと打つ

(parted) p                                                                

Model: SD SA64G (sd/mmc)
Disk /dev/mmcblk0: 61.9GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos
Disk Flags: 

Number  Start   End     Size    Type     File system     Flags
 1      1049kB  316MB   315MB   primary  fat16           lba
 2      316MB   852MB   537MB   primary  linux-swap(v1)
 3      852MB   61.9GB  61.1GB  primary  ext4

(parted)

9.quitと打つ

(parted) quit                                                             

Information: You may need to update /etc/fstab.

再起動

# reboot

※まだ完了ではありません

ファイルシステム拡張

# resize2fs /dev/mmcblk0p3

resize2fs 1.42.9 (28-Dec-2013)
Filesystem at /dev/mmcblk0p3 is mounted on /; on-line resizing required
old_desc_blocks = 1, new_desc_blocks = 8
The filesystem on /dev/mmcblk0p3 is now 14910208 blocks long.

拡張されたか確認

# df -h

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root        32G  689M   53G   2% /
devtmpfs        459M     0  459M   0% /dev
tmpfs           463M     0  463M   0% /dev/shm
tmpfs           463M  6.1M  457M   2% /run
tmpfs           463M     0  463M   0% /sys/fs/cgroup
/dev/mmcblk0p1  300M   66M  234M  22% /boot
tmpfs            93M     0   93M   0% /run/user/0

rootのとこのサイズが2Gから変わっていればおk

NTP設定

時間を調整する

NTPをインストール

# yum install -y ntp

vi でntp.confを変更

# vi /etc/ntp.conf 

既存の設定をコメントアウトして下記の感じで追記

#server 0.centos.pool.ntp.org
#server 1.centos.pool.ntp.org
#server 2.centos.pool.ntp.org
server -4 ntp.nict.jp
server -4 ntp1.jst.mfeed.ad.jp
server -4 ntp2.jst.mfeed.ad.jp
server -4 ntp3.jst.mfeed.ad.jp

ntpdを有効化して、タイムゾーンを変更

# systemctl enable ntpd
# systemctl start ntpd
# cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
cp: overwrite '/etc/localtime'? y

# date
  <現在の時刻が出力される>

出力された時刻があっていればおk

Wifi設定

Wifiを拾う準備

現状確認

# nmcli d

DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION 
eth0    ethernet  connected     eth0       
lo      loopback  unmanaged     -- 

wlan0というのが認識されていれば接続可能

当然この時点では認識されていない

まずgitをインストール

# yum -y install git

githubから必要なFirmwareをダウンロード

# git clone https://github.com/RPi-Distro/firmware-nonfree.git

適切な場所へ配置

# mv /lib/firmware/brcm{,.org}
# cp -R firmware-nonfree/brcm80211/brcm /lib/firmware/brcm

rpi-updateをダウンロード

# curl -L --output /usr/bin/rpi-update https://raw.githubusercontent.com/Hexxeh/rpi-update/master/rpi-update

ダウンロードしたファイルの権限変更

# chmod +x /usr/bin/rpi-update

rpi-update実行

# rpi-update

再起動

# reboot

確認

# nmcli d

DEVICE  TYPE      STATE         CONNECTION 
eth0    ethernet  connected     eth0       
wlan0   wifi      disconnected  --         
lo      loopback  unmanaged     -- 

wlan0が認識されていればおk

wifi設定

アクセスポイント検索

# nmcli d wifi
  <アクセスポイント一覧が出力>

接続

# nmcli d wifi connect <アクセスポイント名> password <アクセスポイントのパスワード>

確認

# nmcli d

DEVICE  TYPE      STATE      CONNECTION 
eth0    ethernet  connected  eth0       
wlan0   wifi      connected  <アクセスポイント名>    
lo      loopback  unmanaged  --  

wlan0のステータスがconnectedになっていればおk

初期設定完了

じゃなかたです

sshで接続してない

てことで

次回は・・・

sshMacからアクセスします

次の記事

==作成中==

前の記事

shon-blo.hatenablog.com

【Mac】Raspberry Pi 3 に CentOS7 を入れてみた ② 〜microSDにcentosイメージを書き込む〜

f:id:SH000N:20161026014030j:plain

今回やること

  • CentOSイメージをmicroSDに書き込む

背景

  • Rasberry Piは本体に差し込んだmicroSDを読み取って作動
    • CentOSを動かしたきゃそれをmicroSDに入れろ!!

とのことだそうです(雑)

手順

SDをフォーマット

microSDをMacに差し込む

microSDをSDアダプタに刺してそれをMacに (以下SDと表記します)

ディスクユーティリティを開く

  1. アプリケーション

    f:id:SH000N:20161025004944p:plain

  2. ユーティリティ

    f:id:SH000N:20161025004948p:plain

  3. ディスクユーティリティ

    f:id:SH000N:20161025004951p:plain

SDをフォーマット

  1. SDを選択
  2. 上部にある「削除」を選択

    f:id:SH000N:20161025004745p:plain

  3. 任意の名前を入力
  4. フォーマット:MS-DOS(FAT) を選択
  5. 削除を実行 f:id:SH000N:20161025004749p:plain
  6. フォーマット完了

osイメージの準備

下記URLからOSイメージをダウンロード

osイメージの展開

  1. xzコマンドをhomebrewでインストール

    (解凍するのに必要)

$ brew install xz
  • 解凍

    (ダウンロードしたosイメージのあるディレクトリで)

$ xz -d CentOS-Userland-7-armv7hl-Minimal-1602-RaspberryPi3.img.xz

SDに書き込む

  1. SDをMacに差し込む
  2. diskutilコマンドで差し込んだSDを確認する
$ diskutil list

/dev/disk0 (internal, physical):
 ==中略==
  /dev/disk1 (internal, virtual):
 ==中略==
/dev/disk2 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:           FDisk_partition_scheme          *2.0 GB     disk2
   1:           DOS_FAT_32 RASPBERRY         2.0 GB      disk2s1
  • SDをアンマウント
$ diskutil unmountDisk /dev/disk2

SDにosイメージ書き込み

  • ddコマンドを叩く

    (ダウンロードしたOSイメージのあるディレクトリで)

$ sudo dd if=CentOS-Userland-7-armv7hl-Minimal-1602-RaspberryPi3.img of=/dev/disk2  bs=8192
  • ddコマンドの動作確認

    実行中にcontrol + T

393216+0 records in
393216+0 records out
3221225472 bytes transferred in 492.534314 secs (6540104 bytes/sec)

SDをmacから取り出す

  • ddコマンドの終了を確認
  • syncコマンドを叩く
$ sync
  • 取り外す

完了

次回は・・・

次回はrasberry Pi でCentOSを起動して初期設定を行います

次の記事

shon-blo.hatenablog.com

前の記事

shon-blo.hatenablog.com

【Mac】Raspberry Pi 3 に CentOS7 を入れてみた ①

f:id:SH000N:20161026013844j:plain

今回やりたいこと

Raspberry Pi 3にCentOSを入れる

背景

結果:正直どっちでもよかったかな

  • 特にこだわりない方は公式ページから配布されているOS使うのが吉
    • スタートアップの手順もググればたくさん出てきます
    • 実際おバカな僕ですら数時間でセットアップできました

まあやってしまったのでcentosの入れ方書いていきます

実行環境

マシン

購入したもの

自宅にあるもので賄ったもの

  • HDMIケーブル
  • ディスプレイ

手順

microSDにCentOSイメージを書き込む

shon-blo.hatenablog.com

RasberryPiでCentOSを起動、初期設定いろいろ

shon-blo.hatenablog.com

sshmacからラズパイに接続

shon-blo.hatenablog.com

mac × eclipse にTomcat及びTomcatプラグインを設定

Tomcatをダウンロード

ダウンロード

  1. Tomcatのサイトにアクセス→tomcat
  2. 画面左側の「Download」にある好きなバージョンをクリック f:id:SH000N:20160911065452p:plain
  3. zipファイルを取得 f:id:SH000N:20160911070535p:plain
  4. 解凍したファイルを好きなディレクトリに移動しておく

tomcat設定

  1. eclipse→環境設定をクリック
  2. サーバ▷ランタイム環境▷追加を選択 f:id:SH000N:20160911075603p:plain
  3. Apachetomcatを選択し「次へ」をクリック f:id:SH000N:20160911075823p:plain
  4. Tomcatインストール・ディレクトリの欄にあらかじめインストールしておいたtomcatディレクトリを入力し、「完了」をクリック f:id:SH000N:20160911080441p:plain

プラグインを取得

  1. 「ヘルプ」→「Eclipseマーケットプレースを開く」をクリック f:id:SH000N:20160911071806p:plain
  2. 画面上部の検索バーから「Tomcat」と入力し検索
    • ネコのマークのやつをインストール f:id:SH000N:20160911072736p:plain
  3. eclipseを再起動
  4. 3匹のネコf:id:SH000N:20160911073712p:plainツールバーに現れる
    • 右から「起動」「停止」「再起動」

完了

  • 起動のネコをクリック
    • コンソールの最終行に情報: Server startup in 1814 msと表示されれば成功
    • localhost:8080にアクセスし下記のように表示されれば成功 f:id:SH000N:20160911080411p:plain

以上。お疲れ様でした

macでeclipseを日本語化したった

eclipse設定

ダウンロード

  1. 画面右上の「DOWNLOAD」をクリック f:id:SH000N:20160911050528p:plain
  2. 画面左下の「DOWNLOAD 64bit」をクリック f:id:SH000N:20160911050547p:plain
  3. 画面中央の「DOWNLOAD」をクリック f:id:SH000N:20160911050613p:plain

日本語化

日本語化に必要なpleiadesを入手

  1. 画面下部の「Pleiadesプラグイン・ダウンロード」内の「安定版」をクリック f:id:SH000N:20160911051604p:plain
  2. 画面下部の「pleiades_1.7.0.zip」をクリックしダウンロード f:id:SH000N:20160911051617p:plain
  3. ダウンロードが自動で始まらない場合はリンクをクリック f:id:SH000N:20160911051628p:plain

    入手したpleiadeseclipseに設定

  4. pleiadesのzipファイルを解凍
  5. その中にある「features」「plugins」をそれぞれ 7. に丸々コピー f:id:SH000N:20160911051639p:plain
  6. eclipseを右クリックし「パッケージの内容を表示」をクリック f:id:SH000N:20160911063141p:plain
  7. Contents/Eclipse/featires及びContents/Eclipse/pluginに 5. を貼り付け f:id:SH000N:20160911051650p:plain
  8. Contents/Eclipse/eclipse.iniを編集 f:id:SH000N:20160911051730p:plain
  9. eclipse.iniの最終行に下記を追加
-Xverify:none
-javaagent:../Eclipse/plugins/  jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

完了

  • eclipseを起動
  • 下図のように日本語で表示されていれば完了 f:id:SH000N:20160911062741p:plain
  • お疲れ様でした